料金

一般不妊治療
治療内容 保険(3割負担額) 自費(10割負担+消費税)
一般不妊治療管理料(3ヶ月に1回) ¥750 ¥2,750
人工授精 ¥5,460 ¥20,020
ページのトップへ戻る
生殖補助医療
治療内容 保険(3割負担額) 自費(10割負担+消費税)
1 生殖補助医療管理料(月1回) ¥750 ¥2,750
2 採卵(0個の場合) ¥9,600 ¥35,200
採卵個数により加算 1個 ¥7,200 ¥26,400
2~5個 ¥10,800 ¥39,600
6~9個 ¥16,500 ¥60,500
10個以上 ¥21,600 ¥79,200
卵胞フラッシング ¥22,000
3 AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 (6ヶ月に1回) ¥1,800 ¥6,600
4 受精方法 ※体外受精と顕微授精の両方を実施する場合は、体外受精代の半分+顕微授精代となります。
(1) 体外受精(個数に関わらず) ¥9,600 ¥46,200
(2) 顕微授精 1個 ¥11,400 ¥52,800
2~5個 ¥17,400 ¥74,800
6~9個 ¥27,000 ¥110,000
10個以上 ¥35,400 ¥140,800
(3) 卵子活性化処理(顕微授精において必要な場合) ¥3,000 ¥11,000
5 初期胚培養

(採卵翌日から受精した個数に応じて)

1個 ¥13,500 ¥49,500
2~5個 ¥18,000 ¥66,000
6~9個 ¥25,200 ¥92,400
10個以上 ¥31,500 ¥115,500
6 胚盤胞培養加算(当クリニックでは原則胚盤胞の作成を目的として培養します)
初期胚のうち胚盤胞の作成を目的として培養した個数に応じて加算 1個 ¥4,500 ¥16,500
2~5個 ¥6,000 ¥22,000
6~9個 ¥7,500 ¥27,500
10個以上 ¥9,000 ¥33,000
7 胚凍結保存
(1) 導入時

(凍結保存開始時に凍結した個数に応じて)

1個 ¥15,000 ¥55,000
2~5個 ¥21,000 ¥77,000
6~9個 ¥30,600 ¥112,200
10個以上 ¥39,000 ¥143,000
(2) 胚凍結保存維持 更新料(2年目以降、年1回) ¥10,500 ¥38,500
8 胚移植
(1) 新鮮胚移植の場合 ¥22,500 ¥82,500
(2) 凍結・融解胚移植の場合 ¥36,000 ¥132,000
(3) アシステッドハッチング ¥3,000 ¥11,000
(4) 高濃度ヒアルロン酸含有培養液添加 ¥3,000 ¥11,000
(5) SEET法 ¥33,000
9 PFC-FD療法
PFC-FD作製+子宮内注入(合計2回) ¥242,000
ページのトップへ戻る
精子の凍結・調整
治療内容 保険(3割負担額) 自費(10割負担+消費税)
精子凍結 ¥3,000 ★1 ¥33,000
精子凍結保存維持 更新料(2年目以降、年1回) ¥2,100 ★1 ¥22,000
新鮮精子加算(密度勾配法) ¥3,000 ¥11,000
膜構造を用いた理学的精子選択術-ZyMōt ¥25,300 ★2
電気泳動システム-Felix ¥33,000 ★2

★1 高度乏精子症(凍結当日の精子濃度:5.0× 106/ml以下)の方が保険診療の適用となります。

★2 卵子の成熟度により顕微授精を実施できなかった場合でも、精子の調整にかかる料金は頂戴いたしますので、予めご了承ください。
 尚、卵子が採れなかった場合は、精子の調整にかかる料金は請求いたしません。

ページのトップへ戻る
凍結胚/凍結精子の移送
治療内容 保険(3割負担額) 自費(10割負担+消費税)
持込代(胚・配偶子それぞれにつき) ¥33,000
持出代(胚・配偶子それぞれにつき) ¥11,000
液体窒素(タンク)代 ¥11,000
ページのトップへ戻る
着床前検査
治療内容 保険(3割負担額) 自費(10割負担+消費税)
1個 ¥88,000
2個 ¥176,000
3個 ¥264,000
4個 ¥352,000
5個 ¥440,000
6個以上 1個につき
¥44,000加算
ページのトップへ戻る
各種検査
治療内容 保険(3割負担額) 自費(10割負担+消費税)
女性の検査 (一部抜粋)
子宮卵管造影 ¥8,300
ERA ¥132,000
EMMA ¥49,500
ALICE ¥60,500
エンドメトリオ(ERA+EMMA+ALICE) ¥176,000
子宮内フローラ検査(バリノス) ¥44,000
BCE(CD138) ¥22,000
子宮収縮検査 ¥5,500
抗精子抗体 ¥4,400
感染症血液検査(HIV) ¥3,300
不育症(習慣性流産)検査 ※検査項目により異なります ¥42,640
ネオセルフ抗体検査 ¥33,000
ヘルパーT細胞のTh1/Th2比の測定 ¥33,000
NK活性 ¥15,000
染色体検査(ご本人、パートナーお一人につき) ¥9,260 ¥33,000〜
染色体検査(胎児) ¥44,000〜
男性の検査
CASA精液検査 ¥4,950
精子機能検査 ¥22,000
ページのトップへ戻る
採卵・凍結料金早見表(上段:保険診療・下段:自費診療)
1個 2~5個 6~9個 10個~
採卵術 ¥9,600
¥35,200
採卵個数加算 ¥7,200 ¥10,800 ¥16,500 ¥21,600
¥26,400 ¥39,600 ¥60,500 ¥79,200
体外受精 ¥9,600
¥46,200
顕微授精 ¥11,400 ¥17,400 ¥27,000 ¥35,400
¥52,800 ¥74,800 ¥110,000 ¥140,800
初期胚培養 ¥13,500 ¥18,000 ¥25,200 ¥31,500
¥49,500 ¥66,000 ¥92,400 ¥115,500
胚盤胞加算 ¥4,500 ¥6,000 ¥7,500 ¥9,000
¥16,500 ¥22,000 ¥27,500 ¥33,000
胚凍結保存 ¥15,000 ¥21,000 ¥30,600 ¥39,000
¥55,000 ¥77,000 ¥112,200 ¥143,000

※別途、薬剤・検査・管理料等が発生します。

(例)採卵数:6個 → 受精数:6個 → 凍結数:2個

体外受精の場合

保険診療:¥92,400

採卵術:¥9,600+ 採卵個数加算:¥16,500+ 体外受精:¥9,600+ 新鮮精子加算:¥3,000+ 初期胚培養:¥25,200+ 胚盤胞加算:¥7,500+ 胚凍結保存:¥21,000

自費診療:¥349,800

採卵術:¥35,200+ 採卵個数加算:¥60,500+ 体外受精:¥46,200+ 新鮮精子加算:¥11,000+ 初期胚培養:¥92,400+ 胚盤胞加算:¥27,500+ 胚凍結保存:¥77,000

顕微授精の場合

保険診療:¥106,800

採卵術:¥9,600+ 採卵個数加算:¥16,500+ 顕微授精:¥27,000+ 初期胚培養:¥25,200+ 胚盤胞加算:¥7,500+ 胚凍結保存:¥21,000

自費診療:¥402,600

採卵術:¥35,200+ 採卵個数加算:¥60,500+ 顕微授精:¥110,000+ 初期胚培養:¥92,400+ 胚盤胞加算:¥27,500+ 胚凍結保存:¥77,000

ページのトップへ戻る

保険診療の条件及び制限について

  1. 治療開始前に以下に該当することを確認します。

    法的婚姻関係もしくは事実婚関係にあること
    ※事実婚関係である場合は、以下3点についても確認させていただきます。

    1. 当人以外の人との婚姻関係がないこと
    2. 同一世帯であること(別世帯である場合はその理由)
    3. 治療の結果、出生した子について認知を行う意向があること
  2. 人工授精には年齢、回数制限はありません。
  3. 生殖補助医療について
    1. 43歳未満の方が保険適用となります。
    2. 採卵には回数制限はありません。
    3. 胚移植の回数制限について
      ※治療開始日の年齢とは、当該胚移植に係る治療計画を作成した日における年齢をいいます。
      初回の治療開始日が40歳未満の場合 ・・・・・一子につき最大、通算6回まで
      初回の治療開始日が40歳以上43歳未満の場合・・・一子につき最大、通算3回まで
ページのトップへ戻る

高額療養費について

保険診療は高額療養費の対象となります。
高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月(月の初めから終わりまで)※で上限額を超えた場合に、
その超えた金額が支給される制度です。窓口負担の上限額は年齢や所得により異なります。
※月をまたぐと上限額に達せず請求できない場合がありますのでご注意ください。

ページのトップへ戻る
治療内容によっては、判断料など必要な診療行為が加算されることがあります。
料金は予告なく変更になる場合があります。