女性の身体の仕組み 検査・治療

女性の身体の仕組み 女性の身体の仕組み

視床下部

女性のホルモンのバランスをコントロールしている中枢は、脳の中の視床下部と呼ばれるところです。ストレスで月経が乱れたりするのも、この視床下部がうまく働かなくなることが原因となります。ここからは、Gn-RHというホルモンがパルス状に分泌されていて、これは下垂体に卵巣をコントロールするホルモンを分泌させる指令の役割を果たしています。

下垂体

下垂体は脳の一番下にある小さな内分泌腺です。ここから体のさまざまな働きをコントロールしている重要なホルモンが何種類も分泌されていますが、その中でも卵子・妊娠・月経に関係しているのはFSH(卵巣刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)という2種類のホルモンです。視床下部からの指令を受けて、下垂体からFSHとLHが規則的に血中に分泌されます。

卵巣

卵巣は卵子の貯蔵、成熟のほかにも2種類の女性ホルモンを作っています。それがエストロゲンとプロゲステロンです。
エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれていて、卵胞の壁を作っている細胞から分泌され、子宮内膜を増殖させる作用があります。一方プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵後の卵巣にできる黄体と呼ばれる場所でつくられます。このプロゲステロンはエストロゲンと一緒に働き、月経開始後21日目くらいまでに、着床のために子宮内膜を整備する働きがあります。

卵子の成熟

卵子の成熟時には、まず卵子の周りを包んでいる卵胞という袋のようなものの中に、卵胞液が溜まっていきます。卵胞は徐々に大きくなり、卵巣の表面から突き出すようになります。その後、排卵の直前に最も大きくなり、その大きさは直径2cmほどとなります。最初、卵胞は15個~20個大きくなり始めますが、卵胞の成長の途中で一番大きくなった卵胞だけが生き残り、他の卵胞は委縮します。この大きくなる卵胞の中では卵子の成熟が進んでいて、排卵の直前には最も受精しやすい状態となっていきます。ここまで、月経が始まってから約14日間を要します。
このような卵子の成熟に働きかけるのがFSH(卵巣刺激ホルモン)です。このFSHは月経が始まってすぐに分泌されはじめます。

排卵

卵巣では排卵が近づくにつれてエストロゲンの分泌が増えます。エストロゲンが十分に分泌されると、卵胞が成熟したと認識され、LH(黄体化ホルモン)が分泌されます。LHは、大きくなった卵胞に働きかけて、卵子は卵胞液と一緒にお腹の中に飛び出します。これが排卵です。
排卵の前には子宮の入り口にある粘液も変化します。排卵期以外の粘液は、粘性が高くて少量ですが、排卵の前には量も多くなり、さらさらとした状態に変わっていきます。排卵は全く気付かないうちに起きる方が大多数ですが、排卵が近づいていることを自分で知るには、粘液の変化はよい目安となります。

排卵

着床

卵管というのは子宮とお腹の中をつなぐ長さ約7cmの管ですが、卵管のお腹の端はラッパの先のような形をしていて、卵巣のすぐ近くにあります。排卵が起こると、卵管采と呼ばれるこのラッパの先が卵子を卵管の中にゆっくりと優しく取り込みます。卵管を通るうちに精子と出会い、受精した卵子は子宮内膜に着床します。

着床