SEET法 検査・治療

SEET法とは

胚盤胞を育てた培養液を子宮内に注入する治療法です。
自然妊娠では、受精卵(胚)が分裂を繰り返しながら胚盤胞になり子宮に到着するまでの間に、胚と子宮内膜がお互いに作用しあって、子宮内膜を胚が着床しやすい状態に変化させています。
体外受精では受精から胚盤胞に育つまでが体外で行われ、胚盤胞に育った胚を突然移植する為、子宮内膜が準備万端とは言えない状態で移植することになります。そこで、移植の2~3日前に胚盤胞を育てた培養液を子宮内に注入することで、胚盤胞から分泌された因子によって子宮内膜が刺激を受け、着床しやすい内膜に変わると考えられています。

方法

個々の胚の培養に使用した培養液を凍結しておきます。この培養液には胚から放出された物質が含まれています。移植日の2~3日前に、融解した培養液を子宮腔内に少量注入します。
当クリニックでは、移植日決定時にSEET法ご希望の有無を医師が確認し、希望の患者様に実施しております。